新刊のご紹介『看取るあなたへ 』河出書房新社


あなたの大事な人が旅立つ時には、よく頑張ったね、と手を握ってあげてほしい」――終末期医療の最前線に立つ20人が綴る、看取りのかまえ。大切な人と今を生きる為のヒントに満ちた書。

「新薬と臨床」という医薬品関係の専門誌に、「私の死生学・死生観ー医療者から医療者へ、そして患者へ」をテーマに連載されたものが、一冊の本になりました。医療者・宗教者・宗教学者の死生観が綴られております。徳永進先生、高木慶子先生・島薗先生・柏木哲夫先生という著名な方々をはじめ、当会会長の金田 諦應師のインタビューも掲載されております。

『看取るあなたへ』

細谷 亮太 著

徳永 進  著

長尾 和宏 著

出版社: 河出書房新社

単行本 46 ● 256ページ ISBN:978-4-309-24826-4 ● Cコード:0047 発売日:2017.09.19(予定)

著 者

細谷 亮太 (ホソヤ リョウタ)

1948年生。小児科医。聖路加国際病院顧問。東北大学医学部卒業。テキサス大学MDアンダーソン病院がん研究所勤務後、聖路加国際病院小児科に復職。主著に『小児病棟の四季』『いつもこどものかたわらに』等。

徳永 進 (トクナガ ススム)

1948年生。野の花診療所院長。京都大学医学部卒業。『死の中の笑み』で第4回講談社ノンフィクション賞受賞。主著に『こんなときどうする?:臨床のなかの問い』『野の花ホスピスだより』『死の文化を豊かに』。

長尾 和宏 (ナガオ カズヒロ)

1958年生。長尾クリニック院長。東京医科大学卒業。日本慢性期医療協会理事、日本ホスピス・在宅ケア研究会理事、日本尊厳死協会副理事長。主著に『「平穏死」10の条件』『薬のやめどき』『痛くない死に方』。

河出書房新書ホームページ

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © 2017北海道東北臨床宗教師会 All Rights Reserved